モノを増やさないために意識すること4つ

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

ミニマリストたるもの、持っているモノは厳選した少ないモノでありたい。

 

ただ、気がついたらモノが増えていた…なんて事もしばしば。

 

ミニマリストである僕が、日頃から意識している『モノを増やさないマインド』を紹介します。

 

値段で選ばない

 

『安物買いの銭失い』という言葉があります。

 

値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。

 

値段が安いからと言って買ったモノは、結局大好きにはなれません。

 

逆に、値段が高くてもこれがイイと思って買ったモノは、愛着が湧きます。

 

値段が高いモノ程、売る時の値段も高くなり、結局お得になることが多い。

 

僕自身、仕事道具にはお金を掛けようと思い、一番良いパソコンを買いました。最高の相棒です。

 

【参考記事】>>>ミニマリストなのでmacbookを買った【フルスペック21万円】

 

 

 

レンタルで充分ではないか

 

たまにしか使わないモノ・所有するコストが高いものは、レンタルで充分です。

 

世の中の流れは、所有することからシェアリングエコノミーに変わってきています。

 

AirbnbやUberの発展からも分かるように、シェアすることが当然の時代がやってきています。

 

・都心に住んでいる方の、車

・アウトドア用品

・ウィンタースポーツ用品

 

こういった、たまにしか使わないモノは、その分所有するコストもかかります。

 

置いておく場所も、タダではありません。

 

車なら駐車場代が必要だし、家の中だって家賃を払っていて、掃除も必要。

 

 

レンタルすることで、管理するコストを丸投げできます。

 

あるいは、倉庫サービスに預けておくという手も。

 

【参考記事】>>>収納サービス【サマリーポケット】がミニマリストに最適な件

 

 

 

他のモノで兼用・代用できないか考える

 

他のモノで代用・兼用できないか考える。

 

多機能なモノを使えば、その分モノが減ります。

 

スマートフォンがいい例で、カメラ・電話など様々な機能を1つでこなせる。

 

iPhoneのおかげで、カメラも手紙もいらない。

 

 

洋服も、定番で着回しがしやすい服を選んで、枚数を少なく保つ。

 

洋服においては、シンプルなものが良いですね。

 

【参考記事】>>>【制服化】パンツを1種類にするならどれ?【男性ミニマリストのファッション】

 

 

 

 

引っ越す時の手間を想像する

 

引っ越しの時の荷造り・不用品の売却の手間を想像する。

 

個人的に一番効果がある。

 

 

僕は人生で5回くらい引っ越しをしていて、その度に「めんどくさい…」と思ってきた。

 

それはモノが多く、片付けや準備が大変だったから。引っ越し代も高くなる。

 

 

モノを買う時は、その時の感情が蘇る。

 

これを買ってしまうと、後々の処分が面倒だな…と、レンタルや代用を考える。

 

 

僕は筋トレが趣味なのでジムに行きます。

 

ジムが混んでいると「いやだな〜」と思い、自宅に器具を購入しようかとも考えますが、以前懸垂機を買った時に処分するのが大変だったのを思い出して、やっぱりやめとこう、となります。

 

それよりも、混んでない時間帯にジムに行ける工夫をします。

 

【参考記事】>>>洋服を減らしたいなら筋トレをしよう!

 

 

 

まとめ

 

・値段で選ばない

・レンタルで充分ではないか

・他のモノで兼用・代用できないか考える

・引っ越す時の手間を想像する

 

以上、この4つが僕が普段意識している『モノを増やさないマインドセット』です。

 

参考になれば嬉しい。

 

今日はここまで。

 



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ