バッテリー内蔵スマホケースで身軽になろう!

ガジェット
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

今回は、おすすめしたいスマホのケースについて。

 

バッテリーケース

 

これが、僕が使ってるAnker(アンカー)の『バッテリー内蔵のスマホケース』。

 

2年前くらいにアマゾンで約3000円で購入。

 

現在は取り扱いが無いみたいですが、色々な会社からバッテリーケースは発売されています。

 

Appleからも純正のバッテリーケースが発売されていますね。

 

 

スマホケースにバッテリーが内蔵されていて、スマホの電池が増える感じ。

 

便利で重宝しているので、シェアします。

 

 

 

バッテリーが内蔵されている

 

開けるとこんな感じ。

 

ライトニングケーブルが内蔵され、ケースにiPhoneを付けるだけでOK。

 

ただし、サイズぴったりに作られているので、iPhoneは裸の状態でないとダメ。

 

画面に貼るガラスフィルムは干渉せず、大丈夫。

 

 

電池の持ちは、体感でiPhoneの電池が倍になるくらい。

 

いつもの2倍使える、そんな感じ。

 

 

 

ケース自体も充電が必要

 

バッテリーなので、ケース自体も充電が必要。

 

このケースはmicro-usbで充電。イヤホンジャック付き。

 

有線型のイヤホンを使っている場合、イヤホンの太さによっては入らないこともあるかも。

 

 

 

 

一体型のメリット

見た目がイイ

 

なんと言っても、一体型は見た目がスッキリする。

 

大きめのケースをつけているだけの感覚なので、そこまで違和感が無い。

 

ただし、少し重い。

 

 

 

コードが不要で、持ち運びが楽

 

モバイルバッテリーで充電しながら持ち運ぶと、邪魔だなーと思う時が多くあります。

 

その点バッテリーケースであれば一体型なので、持ち運ぶのがラク。

 

ケーブルの煩わしさから解放されます。

 

 

 

まとめて充電できる

 

バッテリーケースを付けた状態でも充電ができるので、iPhoneとケース、両方の充電が一気にできる。

 

別々に充電する必要がなく、ケーブルを減らすことができます。

 

旅行に行く時などはありがたい。

 

 

 

旅行に最適

 

バッテリーケースは旅行など、遠出する時に最適です。

 

僕は普段は普通のケースを使っていて、旅行やアウトドアなど、充電しづらい環境に行く時に使います。

 

ケーブルのゴチャつきから解放されて、身軽に使えるから。

 

普段使いするには、重量が少し重い。

 

 

 

まとめ

 

旅行やアウトドアにおすすめなバッテリーケース。

 

色々な会社から商品が出ており、2〜3000円で買えて結構便利。

 

少しサイズが大きくなり、重たくなるのが欠点。

 

でもそれを補って余りあるメリット、『身軽さ』が手に入る。

 

今日はここまで。

 



ガジェット持ち物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ