季節物を所有しない方が良い3つの理由

ファッション
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

日本には、四季があります。

 

春夏秋冬、季節ごとに気温や湿度などの気候が変化します。

 

それぞれの気候に合わせて、着る洋服や家電を変化させて生活しています。

 

夏にはTシャツを着て、冬にはダウンジャケットを着る。

 

夏には扇風機を付け、冬はこたつに入る。

 

 

しかし僕は、『季節物を極力持たない』ようにしています。

 

その理由をお話しします。

 

季節物を持たない

 

僕は、極力『季節物』を持たないようにしています。

 

ダウンジャケットを捨てて、インナーダウンを春秋のアウターの中に着る。

 

仕事のシャツは長袖だけにして、半袖は買わない。

 

夏に使用頻度が高い扇風機や、冬しか使わないコタツも持ってません。

 

僕がそうして『季節物』を排除する理由を、3つ紹介します。

 

 

使用頻度が限られる

 

季節物は、1年間のうちで使用する機会が限られます。

 

半袖は冬のインナーとして使えるとしても、ダウンジャケットは真冬しか着れない。

 

扇風機は夏しか必要ないし、コタツは冬しか使わない。

 

1年間のうち、ごく限られた時間のためだけに持つのはもったいない。

 

 

保管のコストが高い

 

使用期間が限られている物を保管することは、コストが高いです。

 

特に冬物は大きく、かさばります。

 

ダウンジャケットはクローゼットのスペースをかなり使うし、コタツの布団は洗濯などのメンテナンスも大変です。

 

半袖などの夏物も、使わない期間は保管してあるだけなので、スペースがもったいない。

 

 

レンタル・代用できる

 

季節物を持たない、という意識をすると、おのずと『レンタル・代用』するという選択肢が出てきます。

 

インナーダウンでダウンジャケットの代用をし、長袖のシャツで半袖の代用をする。

 

こたつや扇風機を持たずに、冷暖房で代用する。

 

スキーやスノーボードのギアや、スタッドレスタイヤもレンタルできます。

 

『持たずに済む』方法は、意外とあります。

 

 

1年中使える物を揃えよう

 

・使用頻度が限られる

・保管のコストが高い

・レンタル・代用できる

 

これらの理由から、季節物はなるべく持たないようにしてる。限界はありますが。

 

逆に、1年中使えるような物を持つようにしてます。

 

仕事用のシャツは腕まくりをすれば、年中長袖で平気。冷房寒いし丁度良い。

 

扇風機やコタツを持たずに、冷暖房だけでも快適です。

 

 

季節が変わるのは楽しいし、四季を楽しみたいとも思う。

 

桜や紅葉を見たり、海で泳いだり、雪化粧を眺めたり。

 

 

だけど、季節のせいで身動きが取りづらくなるのは嫌だ。

 

少ない物で、最大限楽しみたい。