【断捨離日記 #21】Apple製品の箱を断捨離! 捨てた3つの理由。

ガジェット
スポンサーリンク

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

Apple製品の箱、捨てられなくないですか?

 

僕は8年くらい、Apple製品に触れてきています。

iPhoneから始まり、MacBook Air、MacBook Pro、Apple TV、MacBookなど様々な製品を買ってきました。

盲目的に「Apple製品は素晴らしい」と思っている、いわゆるApple信者です。

 

Appleはデバイス自体も素晴らしく、梱包されている『箱』もスタイリッシュです。

真っ白な外装のシンプルなデザイン。

 

今まで捨てずに取ってあったけど、断捨離します。

僕が持っている、Apple製品の箱

これらが、いま僕が持っているApple製品の箱。

iPhone6S、iPad Air2、MacBookの3つ。

中身は空で、充電器などは現在進行形で使ってる。

メルカリなどを使えば箱だけで売れたりしますが、それも面倒なので断捨離します。

 

リサイクルマークとSIMピンは残す

箱に入っていた付属品のうち、リサイクルマークとSIMピンは捨てずに取っておきます。

リサイクルマークは、Apple製品を公式サイトで処分するときに必要。これが無いと有料になる。今後どうやって処分するかは分からないですが、一旦置いておく。

SIMピンは、iPhone・iPadのSIMカードを入れ替える際に使う。

 

断捨離した3つの理由

所有するコストが大きい

使わない物を持っていることのコストは大きい。

視界に入ればノイズになるし、かといって収納するならスペースが必要になる。

そうして物が増えていって、本当に必要な物を大切にできなくなってしまう。

 

『売る時のこと』は考えない

Apple製品の箱を取っておいた最大の理由は、『売る時に高額で売りたいから』です。

僕が購入する側だとしても、箱がある方が「大事に使ってきたんだな」と感じるし、実際に買取サービスなどでの査定額も高くなる。

 

しかし、もう『売る時のこと』を考えるのをやめた。

売る時はいつになるか分からないし、その少額のお金を求めて日々のストレスを感じていては本末転倒だと思った。

 

身軽になりたい

僕がミニマリストになった理由は、身軽になりたいから。

物質的・精神的、両方の意味で軽くなりたい。

持ち物が少ない方が管理が楽で、考えることも少なくて済む。

そうして脳みその容量を節約して、人間関係や仕事、自分が大切にしていることに使いたい。

 

まとめ

・所有するコストが大きい

・売る時のことは考えない

・身軽になりたい

これらの理由から、Apple製品の断捨離を決意。

 

僕は将来的に、自由に移動しながらの生活を目指しています。

それを行うのであれば、この断捨離は当然必要になります。

 

これから少しずつ持ち物を減らしていき、旅人のように住む場所を選択できるようになりたい。



ガジェット断捨離日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ