新型ルンバがゴミ捨てまで自動化している件について【Roomba i7+】

ガジェット
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

ルンバが進化してる。

 

Roomba i7+

iRobot公式ストア

 

iRobotが発表した新型ルンバ『Roomba i7+』。

 

ルンバといえばロボット掃除機では一番有名なブランドです。

 

部屋の中を自動で動き回り、掃除してくれる。

 

家事を自動化できる優秀な家電です。

 

僕もロボット掃除機を持っていますが、かなり助かってます。

 

ロボット掃除機【ツカモトエイム AIM-RC03】を買ってみた
圧倒的時短になる家電、ロボット掃除機を購入したのでレビュー。

 

 

 

ごみ捨てを自動化

出典:iRobot

 

新型ルンバ『Roomba i7+』が話題になっている理由は、『ゴミ捨てを自動化できる』点。

 

専用のドッグがあり、そこに自動でゴミを貯めてくれる。

 

ドッグがバキュームで吸い上げる仕組みで、30回分のゴミを収容できる。

 

毎回ゴミを捨てるのはめんどくさいので、非常に良い機能。

 

 

また、ドッグのゴミはパックをつまんで捨てることが出来て、手も汚れない。

 

ただし、専用のゴミ袋が高く、3枚で14.99ドル(約1,700円)。

 

僕はちょっと手が出ない価格です。

 

 

 

間取りも把握

 

Roomba i7+は、部屋の間取りも記憶できます。

 

広さに応じて、最適な掃除を行ってくれるそう。

 

WiFi接続もできるので、「アレクサ、掃除して」なんてことも可能に。

 

 

 

 

かなり高価

 

価格は950ドル(約10万5000円)。

 

Amazonでは18万円で売られてました。

 

高え。高すぎる。犬が買える。

 

掃除にかなりの時間・労力を割かれていて、かつお金がある人限定です。

 

 

 

まとめ

 

新型ルンバ、いいなあと思ったけど、高い。

 

やはり、ミニマリストはお金が掛かる。

 

今後、こういった技術が発展して、『めんどくさいこと』は自動化されていく。

 

やりたくない事はやらなくていい社会が実現し、やりたい事に注力できる社会になる。

 

そうして『自分らしさ』が見つけられるようになると思うので、どんどん技術が進んで欲しい。

 

では。

 

iRobot公式ストア

 

 

合わせて読みたい↓

【掃除を自動化】ロボット掃除機おすすめランキング5選【ミニマリストが厳選】【2018年版】

 



ガジェット部屋・インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ