クリップ型のスマホレンズが便利すぎて、本格的なカメラいらんくね

ガジェット
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

クリップ型のスマホレンズを使っていますが、便利なのでシェア。

 

クリップ型スマホレンズ

 

これです。スマホに挟む、クリップタイプのレンズ。

 

もう4年くらい前に買ったやつですが、地味に使ってます。

 

 

僕の買ったやつは、レンズが3種類ついてます。

 

・広角レンズ(広い範囲を撮影できるやつ)

・魚眼レンズ(もっと広く、周りがゆがむやつ)

・マクロレンズ(細かい物を撮れるやつ)

 

 

では、実際に撮影した写真を見ていこう!

 

 

 

広角レンズ

 

これが広角レンズ状態。下にマクロレンズがくっ付いてるけど、たぶんそういうもん。

 

広角レンズは、通常よりも広い範囲を撮影できるレンズです。

 

撮影した画像はこちら↓

 

撮影場所を固定して撮影。

 

広角レンズの方はかなり広く撮影できてます。デスクは真っ直ぐですが、曲がって見えます。

 

狭い部屋で撮影するときには重宝するレンズです。

 

 

 

魚眼レンズ

 

こちらが魚眼レンズの状態。

 

魚眼の名の通り、レンズが丸みを帯びていて出っ張っている形状をしています。

 

広角レンズよりも広範囲を撮影できて、周りの風景が更にグニャッとなるレンズ。

 

撮影した画像はこちら↓

 

撮影場所を固定して撮影。

 

撮影してるスマホの三脚が見えるほど、広範囲を撮影できてる。

 

通常・広角・魚眼の比較がこちら。↓

 

魚眼レンズはかなり周りが歪みますね。

 

この記事の部屋の画像は魚眼レンズで撮影しました。

 

ミニマリストの部屋、公開します【シンプルライフ】
ミニマリストの部屋を大公開!モノが少ない小さな暮らし。

 

 

 

マクロレンズ

 

続いて、これがマクロレンズの状態。

 

マクロとは「巨大な・大きな」という意味で、小さい物を鮮明に撮影できます。

 

マクロの意味的に逆だと思うのは僕だけでしょうか。ミクロレンズの方がしっくりくる。

 

macbookのキーボードを撮影した画像がこちら。↓

 

普通に撮影すると、近くに寄るとボケて映りませんが、マクロレンズだと大丈夫。面白い。

 

細かい物、小さい物を撮影する時に役立つレンズ。

 

 

 

本格的なカメラは不要

 

僕はカメラを買ったことが無いので全く説得力はありませんが、これがあれば本格的な一眼レフなどは必要ない。

 

スマホも画質が良くなっていて、素人の僕には十分すぎるスペックです。

 

ブログ用やプライベートの写真を撮影するくらいなので、そこまで良い写真を撮る必要も今は無いですし。

 

 

僕はミニマリストなので、できるだけ身軽でいたい。

 

カメラを買って、管理するストレスが増えるよりも、こうした手軽なモノの方が相性がいい。

 

今日はここまで。

 

 



ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ