ドラム式洗濯機が生活を変える4つの理由【タイムイズマネー】

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

ドラム式洗濯機を買ってから、洗濯物を干すという行為から卒業しました。

 

この便利さをお伝えしたい。

 

【SHARP】洗濯乾燥機 ドラム式 ES-S7B-WL

 

これが僕のドラム式洗濯機。3年ほど前に購入したシャープの製品です。

 

たしか10万円くらいだった。

 

 

洗濯から乾燥まで全自動で行ってくれます。

 

所要時間は3時間ほど。

 

 

普通の縦型洗濯機にも乾燥機能が付いていたりしますが、

 

ドラム式は洗濯槽が横向きになっているため、

 

回転中に衣類が空気に触れやすく、乾燥に適しています。

 

 

 

洗濯物を干す必要が無い

 

洗い・すすぎ・脱水・乾燥を一気に行ってくれるドラム式洗濯機。

 

乾燥機能がついているため、洗濯が終われば洋服が乾いています。

 

当たり前のことですが、僕にはこれが衝撃でした。

 

「もう洗濯物干さなくていいじゃん」

 

ただのめんどくさがりの発言みたいですが、

 

ミニマリストの思考に近づいた瞬間でした。

 

しかも、物干し竿を断捨離できた。これはデカイ。

 

 

 

ついでに畳まない

 

洗濯物を干さなくなった僕ですが、さらにめんどくさがりが加速。

 

洗濯物を畳まなくなりました。

 

クローゼットに全て吊るせる量に洋服を厳選、畳まなくでも収納できるよう工夫しました。

 

ドラム式洗濯機から洋服を出したらそのままハンガーに掛けてクローゼットへ。

 

恐ろしいほど楽になりました。

 

 

 

丈夫な素材の服を買うようになった

 

ドラム式洗濯機で乾燥を行うことは、かなり洋服にダメージを与えます。

 

そのため繊細な素材はすぐに型崩れしてしまいます。

 

かといって自然光で干す作業には戻りたくないと思いました。

 

自然と丈夫な素材の洋服を選ぶようになりました。

 

Tシャツであれば分厚いものを、シャツは綿100%ではなく化学繊維が入った丈夫なものを。

 

洋服にかけるメンテナンスの時間を短くしました。

 

 

 

タイムイズマネー

 

時間は有限です。

 

自分のやりたいことに掛ける時間を確保するために、

 

必要無い時間は極限まで切り詰めたいと考えています。

 

洋服の制服化でも同じことが言えます。

 

ミニマリストになることは目的ではなく手段だと、改めて感じます。

 

【参考記事】>>>時間を買える商品・サービスまとめ【時短・自動化】