『リバ邸の月額1万円で多拠点生活』から感じた、『住』新時代の幕開け

ミニマリズム
出典:リバ邸
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

先日、面白いニュースがありました。

シェアハウスの『リバ邸』が、月額1万円で他拠点生活ができる『リバ邸ノマドプラン』の試験運用を開始したそうです。

【月額1万円の多拠点生活】「ただいま」と「おかえり」を全国で。リバ邸ノマドプランの試験運用を開始。 - リバ邸総合サイト
株式会社リバ邸(所在地:東京都江東区、代表取締役:片倉廉、以下「当社」)は、「現代の駆け込み寺」をコンセプトに掲げたシェアハウス「リバ邸」を展開している企業です。 リバ邸は「世の中の枠組みや空気に苦し

 

このニュースを見て、『住むこと』について新時代が来たと感じたので感想を述べます。

 

リバ邸 ノマドプラン

出典:リバ邸

リバ邸とは、連続起業家の家入一真さんが発起人となって生まれた『現代の駆け込み寺シェアハウス』です。

全国各地にリバ邸があり、それぞれ住人が住んでいる形。

 

今回の『ノマドプラン』では、月額1万円で各リバ邸を自由に行き来できるようアップデートされるというもの。

16箇所のリバ邸と提携し、試験運用を開始しました。

 

これ、すごいですよね。

住む場所を自由に決められて、移動するのも自由。

新しい時代の『住』の在り方だと感じました。

 

 

住み放題サービスは他にも

 

このような『多拠点生活』が可能なサービスは他にもあります。

月額1.5万円で全国のホテルに泊まり放題の『ホステルパス』や、最近クラウドファンディングを行なった『HafH』など。

 

新しい形のサービスなので、まだ数は少ないです。

今後同様のサービスが多く出てくれば、競争になり価格も下がるでしょう。

【参考記事】>>>【ミニマリスト歓喜】定額で全世界に住み放題『HafH(ハフ)』が素晴らしい件

 

実業家の堀江貴文さんはホテル暮らしをしているそうです。

今までは「多拠点生活はコストが高いもの」と捉えていましたが、こういったサービスが増えれば一般の消費者にも届いてくる。

 

 

『サブスク』と『シェアリング』

 

世界の大きな流れとして、『サブスクリプション』と『シェアリングエコノミー』があります。

『サブスクリプション』は定額で利用できる形のサービス、『シェアリングエコノミー』は物を共有利用する考え方です。

 

定額利用のサービスは増えていて、『Spotify』や『Amazon Music』、『Hulu』もそうです。

シェアリングサービスは『Airbnb』『UBER』が有名ですね。

 

サブスクとシェアリング両方の要素を持った『定額住み放題サービス』の登場は、時代の流れからは当然かもしれない。

今後あらゆるサービスは、この2要素を持っているじゃないかな。

 

 

新トレンド『デュアラー』

 

『デュアラー』とは、多拠点生活者のこと。

デュアラーは、リクルートホールディングスが2019年のトレンドとして予測しています。

 

都会と田舎の両方に住み、2つの利点を最大限活用する。

そんな生活スタイルが定着するかもしれない。

 

個人的には、季節で棲み分けをしたい。

夏は北海道、冬は沖縄に。そんな生活を目指してる。

 

 

まとめ:人間は身軽になっていく

 

『サブスクリプション』と『シェアリングエコノミー』が加速して、人間はどんどん”身軽になる”。

 

物を所有せずに皆と共有し、定額利用で生活費の安定化をする。

UBERを使えば車は不要だし、リバ邸に住めば家もいらない。

 

フリーランスやリモートワークなど働き方の変化もあり、仕事と住む場所が切り離されてきてる。

ブロガーやYouTuberの活躍も、柔軟な働き方を象徴してる。

 

身軽になって、『やりたい事に打ち込める』

少しずつそんな社会になってきてる気がして嬉しい。

 

以上です。

 

合わせて読みたい↓

何も持たない時代が来る!? 定額サービス『サブスクリション』まとめ

物を買うのは時代遅れ!? シェアリングサービスまとめ

 



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テツをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ