何も持たない時代が来る!? 定額サービス『サブスクリション』まとめ!

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

『サブスクリプション』、ご存知でしょうか。

 

いわゆる定額サービスなんですが、近年サブスクリプションサービスが増加しています。

 

面白いサブスクリプションサービスがたくさんあるので、まとめて紹介します。

 

スポンサーリンク

サブスクリプション

 

サブスクリプションとは、定額サービスのこと。

商品やサービスの数でなく、利用期間に対して料金を支払う方式。

 

月額制のサービス、と考えてもらって大丈夫です。

 

 

最近、このサブスクリプション型のサービスが増えています。

 

有名な所だと、音楽。

今まではCD1枚1000円、1曲200円〜でダウンロードしていた音楽が、『Apple Music』や『Spotify』の登場で月額課金モデルに変化していきました。

 

 

なぜか?

 

近年、人々の価値観が「モノ→コト」「所有→利用」と変化しています。

これはミニマリストの考えに近いものを感じます。

 

 

『若者の車離れ』とよく言いますが、何かを所有することに対して興味を持たなくなっています。

反対に、旅行・ビジネスなど『経験』にはニーズがある。

 

 

大きなお金をドカンと支払うのでは無く、月額制の方が金銭的な負担も少ない。

更に、『いつでも辞めれる』フットワークの軽さが人気の秘密。

 

 

逆に、サービスを提供する側にもメリットがあります。

 

・収益が安定する

月額で収益が発生するので、安定した収益を生み、その推移は読みやすい。

 

・新規顧客が増えやすい

月額なため料金が割安になっており、金銭的な負担が軽い。

 

 

以上の理由から、サブスクリプション型のサービスが拡大しています。

 

そんなサブスクリプションの、面白いサービスをいくつか紹介します。

 

 

 

音楽

 

やはり音楽。人生には不可欠な存在。

Apple Music』・『Spotify』・『AWA』・『Amazon Music』・『LINE MUSIC』など、かなり多くのサービスがある。

 

 

運営サービスごとにレーベルと契約する形なので、サービスによって曲に偏りがある。

たとえば『Apple Music』は洋楽全般だし、『LINE MUSIC』は邦楽に強い。

 

 

僕が使っているのは、『Amazon Music』。

ただ、更に課金しないと有料コンテンツが解放されないので微妙。

スマホで『LINEモバイル』を使っているので、『LINE MUSIC』に乗り換えようかなとも考えている。

 

 

 

洋服

 

定額の洋服レンタルサービス、『airCloset(エアークローゼット)』。

 

サイトに登録、好きな色やスタイル、サイズなどを決めると、スタイリストが洋服を送ってくれるサービス。

返却期限は無く、好きなだけ洋服を楽しむ。

返却すると、また新しい洋服が届く。

 

 

あとは、『zozotown おまかせ定期便』なんかも近い形のサービス。これは毎月届く洋服から、好きなものだけ購入、不要なものを返品するサービス。

 

 

 

動画

 

映画・ドラマ見放題のサービス。

Hulu』、『NETFLIX』、『U-NEXT』、『dTV』、『TSUTAYA TV』など、色々あります。

 

アメリカでは、月額1000円で映画が劇場で毎月1本観れる『CinemarkMovieClub』も始まってます。

 

 

僕は『Amazon Prime Video』でたまに映画を見ます。

プライム会員なので、無料で観れる。

月額400円くらいで、送料無料など特典も多いのでおすすめ。

 

 

 

 

花が毎月届く『Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)』、『medelu』も面白い。

 

価格も500円〜と様々なプランがあり、花屋がセレクトした花が届く。

 

 

 

編集ソフト

 

フォトショップやイラストレーターで有名な『adobe(アドビ)』もサブスクリプション化。

以前は売り切りタイプのソフトウェアでしたが、月額課金制に変更。

 

マイクロソフトの『office』も、定額制のプランがあります。

 

 

 

 

車乗り放題サービスの『NOREL (ノレル)』。

月額2万円で、車が乗り換え放題。

 

高速道路乗り放題の『ドライブパス』なんてのもあります。

 

 

 

髭剃り

 

毎月1ドルで髭剃りが届くサービスも。

 

「髭剃り」をサブスクリプション方式で提供するDollar Shave Club、シリーズAにて980万ドルを調達 | TechCrunch Japan
月額わずか1ドル(プラス送料)からという料金のサブスクリプション方式で髭剃りの提供を行なっているDollar Shave Clubが、シリーズAにて980万ドルの資金を調達した。 共同ファウンダー兼CEOのMichael Dubinによると、今回のラウンドはVenrockが主導したもので、「Dollar Shav..

 

 

 

食品

 

・ランチ定額テイクアウトの『POTLUCK(ポットラック)』

 

・加盟店での乾杯ドリンクが、月額1000円で毎日1杯飲める『GUBIT

 

・ラーメンのサブスクリプション

月額8,600円で毎日「野郎ラーメン」が食べられる! ラーメン業界初のアプリでサブスク「1日一杯野郎ラーメン生活」がスタート~野郎世代限定。12杯食べれば元が取れる
 関東で15店舗のガッツリ系ラーメン「野郎ラーメン」を運営するフードリヴァンプが、2017年11月1日(水)に「野郎ラーメンアプリ」をiOS版とAndroid版で同時リリース。同アプリの優待サービスの第一弾として、月額8,600円(税抜)の定額で、1日1杯ラーメンが食べられる「1日一杯野郎ラーメン生活」がスタートします...

 

・居酒屋のサブスクリプション

居酒屋革命!業界初の『アンドモワの月額定額制飲み放題サービス』!
アンドモワ株式会社のプレスリリース(2018年1月31日 18時56分)居酒屋革命!業界初の『アンドモワの月額定額制飲み放題サービス』!

 

 

 

 

ミニマリストの感想

 

月額制サービス、サブスクリプション。いいですね。

 

まとめてドカっと支払いをして購入すると、途中で辞めづらい。

僕は飽き性なので、いつでも辞めれることがありがたい。

 

服に関しても、サブスクリプションを活用すれば、季節物などは自分で所有しなくていいので、かなり洋服を減らすことができそう。

 

 

今後も、この領域は拡大していって欲しい。

なにも所有しなくていい時代、早くきてくれ〜。

 

 

以上です。

では。