【キャッシュレス】近い将来、財布が要らない時代が来る。

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

財布。

 

常に持ち運び、無くなったら困るものです。

 

ですが、近い将来、財布を持たなくて良い時代が来ると考えてます。そんなお話。

 

財布の要らない時代が来る

 

近い将来、財布が不要な世界がきます。

 

これは誇張では無く、本当にそう感じています。

 

今、財布に入っているものが全て電子化され、スマホ1台で事足りるようになる。

 

その理由をお話しします。

 

 

 

キャッシュレス化が加速してる

 

『キャッシュレス(cashless)』とは、現金を使わないということ。

 

現金を使わずに、クレジットカードやその他ポイントなどで支払いを行う仕組み。

 

『Apple Pay』や『楽天Edy』など、現金を使わない決済方法はたくさんあります。

 

 

コンビニでも、現金で買い物をしている人はかなり減った気がします。

 

県・市町村などの行政機関でも、クレジットカードで納税できるようになってきました。

 

 

 

現金禁止の店舗も

 

最近では、『現金禁止』の店舗も出てきている。

 

大手飲食チェーンであるロイヤルホストも、現金禁止の店舗をオープンしている。

 

 

店舗側からすれば、大きなメリットがある。

 

・現金を管理するコストが不要(盗難の心配も無い)

・お金の出入りが自動で集計されるので、会計処理が簡単

・偽札の使用を防止できる

 

 

 

現金は、コストが高い

 

現金は、利用するコストが高い。

 

・実際に存在する物なので、管理する必要がある。

・盗まれないように保管し、使う時には持ち運ぶ必要がある。

・偽造され、偽札が出回ることもある

 

 

貨幣は、歴史を振り返れば、物々交換から始まった。

 

効率よく取引を行うために、貨幣という仕組みが出来た。

 

これは『信用』に基づくモノで、貨幣の価値がなんらかの方法(金本位制など)で担保されているから成り立っていた。

 

つまり、信用が担保されているのであれば、実際に存在する貨幣でなくても、クレジットカードなどの『情報』で代用可能であるということ。

 

 

 

中国では当たり前

 

中国ではキャッシュレス化が進んでいて、『We Chat Pay(ウィーチャットペイ)』という決済方法が主流。

 

『WeChat』というチャットアプリを使った決済方法で、日本で言う『LINE』のイメージ。

 

・お店にあるQRコードをスマホで読み取って、金額を入力して支払い。

・スマホでQRコードを表示し、店のバーコードリーダーで読み取ってもらう。

 

このような方法で決済が可能。

 

導入も簡単なため、屋台で導入されていたりもする。

 

 

 

オリンピックに向けて、政府主導で動いている

 

2018年4月には経済産業省を中心として「キャッシュレス・ビジョン」がまとめられ、公表されました。

 

日本国内の産業の発展だけでなく、海外からの観光による『インバウンド消費』の可能性から、重要な事項だと考えているようです。

 

QRコードなどの電子決済を導入した企業に対し、一定期間の減税を行う施策も検討しているとのこと。

 

 

 

安価に導入できる決済システムも数多くある

 

キャッシュレス化には、事業所側の負担が伴います。

 

今まで現金で決済を行なってきたサービス側も、新しい契約や設備の導入が必要になり、おっくうになるのも分かります。

 

しかし、個人や小さな店舗でも、簡単に導入可能な決済システムも存在しています。

 

AirPAY

楽天Pay

・Square・・・最短当日でカード決済導入!

 

など、様々な決済代行サービスがあり、これからキャッスレス化を進めたい事業所にとって、利用しやすい環境が出来上がっています。

 

 

 

Apple Watch の存在

 

Apple社のスマートウォッチ、Apple Watch。

 

Apple PayやSuicaが使えるので、スマホを取り出すまでも無く決済が可能。

 

各社からスマートウォッチが発売され、競争が激しくなっています。

 

これらスマートウォッチの普及が進み、現金以外の決済方法が浸透すれば、ますます現金は使われなくなります。

 

 

 

エストニアの例

 

北ヨーロッパの『エストニア』という国は、IT先進国であり、キャッシュレス化が進んでいる。

 

ほぼすべての国民が銀行口座に直結したデビットカードを現金替わりに使うため、現金がほぼ存在しない。

 

国民一人一人にIDが割り振られ、IDカードの所有が義務化されている。

 

このIDカードは、日本でいう「運転免許証」「健康保険証」「銀行のカード」「病院の診察券」「電車の定期券」など、あらゆる種類の個人情報が集約されている。

 

【現金禁止!?】電子国家『エストニア』がミニマルすぎて住みたい
ミニマリストの国、エストニア。政府がミニマリズムを推進している面白い国。

 

 

 

ネックは免許証と保険証

 

財布の中身で電子化が難しいのは、免許証と保険証。

 

この2つは行政が絡む案件で、利権もありそうなので、電子化の道は険しいと思う。

 

エストニアの例を見ても、政府主導で行なっていく必要があるので、企業が頑張ってもどうしようもない。

 

この2つが電子化されれば、財布は持つ必要が無くなる。

 

 

 

まとめ

 

財布の電子化。

 

ミニマリスト的には、かなり惹かれる領域です。

 

僕は忘れ物が多く、よく物を失くします。

 

電子化されて、そもそも持っていなければ、失くすこともない。

 

そんな未来が待ち遠しい。

 

 

あと電子化して欲しいのはパスポートかな。

 

以上です。

 



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テツをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ