【断捨離】ベルトをしないという選択。

ファッション
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

ボトムスを履くときに使う、ベルト。

 

そのお話。

 

ベルトをやめた

 

僕はミニマリストです。

 

私服を着る際に、ベルトを付けるのをやめました。

 

その理由と、ベルトをしないメリットをお伝えします。

 

 

 

ジャストサイズで履く

 

ジャストサイズのボトムスを履けば、ベルトは不要。

 

ボトムスは、スキニーのようなジャストサイズしか履きません。

 

仮にワイドパンツを履くとなると、ベルトが必要なのかもしれないけれど、僕には似合わなかった。

 

 

 

バックルがお腹に当たらない

 

ベルトの留め金の部分『バックル』がお腹に当たる事ありません?

 

僕は結構あって、その度に「冷たっ」てなってました。

 

それが無くなるので快適。

 

また、腰回りがもたつかないので、洋服をスタイリッシュに着れます。

 

 

 

スーツを着るときはベルトをする

 

今回、ベルトをやめたと書きましたが、スーツの時は例外。

 

スーツでベルトをしないのは単純に「カッコ悪い」ので、ベルトを付けます。

 

ネイビーのスーツに、茶色のベルト。

 

 

 

最後に

 

洋服を少なくしたい。

 

少ない洋服で、考えることを減らしたい。

 

その中で、『ベルトをしない』という選択はアリだと思います。

 

 

では。

 

 



ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ