【女優】北川景子さんは『私服を10着しか持たない』ミニマリストだった【芸能人・有名人】

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

人気女優の北川景子(きたがわ けいこ)さん。

 

彼女がミニマリストだったので、紹介したい。

 

スポンサーリンク

北川 景子

 

北川 景子(きたがわ けいこ)さんは、日本の女優。

 

現在32歳、身長160cm、血液型はO型。DAIGOさんとの結婚が話題になりましたね。

 

代表作

ドラマ:『ブザービート』・『月の恋人』・『謎解きはディナーのあとで』

映画:『ワイルド・スピード』・『ハンサムスーツ』・『パラダイスキス』

 

個人的には、ドラマ『モップガール』で好きになりました。

 

 

 

北川景子さんはミニマリスト

 

洋服は10着程度しか持たない

 

彼女は、出演したバラエティ番組でこう語っている。

 

「クローゼットはすごいスッキリしてて、何を持っているか自分で想像できます。」

「2着買いたかったら、2着処分できるのがあるか考えてから買う。」

 

洋服は10着ほどで着まわし、ユニクロのインナーを愛用しているそう。

 

 

有名なミニマリスト本の『フランス人は10着しか服を持たない』を彷彿とさせますね。

 

 

 

 

休日はノーメイク

 

北川景子さん、休日はノーメイクで過ごすそう。

 

僕は男なのでよくわかりませんが、これあんまりいないですよね?

 

肌へのダメージや消耗品費を考えると、ある意味合理的な考えなのかもしれない。

 

 

 

朝の準備は10分

 

出かける30分前に起きて、洗顔や着替えを一気に済ませるそう。

 

できるだけ寝ていたいのか、準備に必要なものを厳選しているのか不明ですが、時間を効率的に使っているのもミニマリストらしい行動。

 

僕も『個人の最大の資産は時間』だと考えているので、時間を買えるような家電・ガジェットなどには投資を

惜しまないようにしています。

 

時間を買える商品・サービスまとめ【時短・自動化】
時間を節約できる商品・サービスまとめ!家事や作業を効率化・自動化して、時間の使い方をデザインしよう!

 

 

 

料理好きで、食材を使い切る

 

北川景子さんは料理が好きだそうで、クックパッドを愛用しているそう。

 

食材を余らせることなく、上手く組み合わせて調理するミニマリストぶり。

 

 

 

ミニマリストになったきっかけ

 

北川景子さんがミニマリストになったきっかけは、『趣味の宝塚』にあるそうです。

 

劇場に通うほどの趣味で、グッズを部屋に飾るのが好き。

 

宝塚グッズをたくさん飾るせいで、そのスペースを確保するために部屋を整理したのが始まりだそうです。

 

夫であるDAIGOさんは整理収納アドバイザーの資格を持っており、その影響もあるかもしれません。

 

 

自分の好きな物を最大限楽しむ『選択と集中』の考えは、学ぶ点が多いです。

 

 

 

まとめ

 

以上、北川景子さんのミニマリストぶりを紹介しました。

 

・洋服は10着程度しか持たない

・休日はノーメイク

・朝の準備は10分

・料理好きで、食材を使い切る

・宝塚グッズを置くためにミニマリストになった

 

 

宝塚グッズを置くためにミニマリストになった、という点がポイント。

 

『ミニマリスト』は手段ではなく、なにかを実現するための手段であるということが再認識できました。