ケノンで脱毛して2年経過して分かった効果・感想【男の脱毛】

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

僕は脱毛してます。ケノンという自宅でできる脱毛機を使っています。

【参考記事】>>>【男の脱毛】色んな脱毛クリニックの無料体験に行き比較した結果、最終的にケノンを買った話【ムダ毛の断捨離】

 

使用して2年ほど経過したので、その効果と感想をシェアします。

ケノン

2年ほど前に購入したケノン。価格は7万円くらい。

自宅で手軽に脱毛ができる機械。ネット上の評判も良かったので購入。

ブラックを買ったつもりが、間違えてゴールドを注文。まあいいか、とそのまま使い続けてます。

 

3ヶ月に一回くらい、暇な時に脱毛してます。

脱毛箇所は全身。主に太もも、すね、腕、手、たまにヒゲと股間周り。

 

公式サイト:【ケノン

 

自宅で光脱毛が出来る

ケノンで出来る脱毛は、光脱毛と呼ばれるものです。

フラッシュのようなモノを照射し、それが黒い物に反応するため、毛に当たる。

当たった毛穴が弱って行き、毛が薄くなる、という仕組み。

 

カートリッジは付け替え可能

照射部分のカートリッジは付け替えできるようになっており、別売りで数千円で購入できる。

脱毛する箇所によって適正なサイズの物を使えます。

カートリッジごとに使える回数が決まっており、ケノン本体に表示されます。

足なんかは範囲が広いので、大きいサイズのカートリッジで照射した方が楽ですね。逆にヒゲとかは狙いを定めるので小さいサイズがやりやすい。

 

効果

それなりに効果あると思います。

スネ毛なんか、かなり薄くなった。

After の毛がまばらなのは、僕の脱毛の仕方が下手くそなだけです。

2年くらい使ってます。ヅボラなので定期的にはしてません。

3ヶ月に1回とかそのくらいの頻度です。

 

濃くなった部位もある

これは体感ですが、肩と乳首周りだけに限って言えば、濃くなった気がする。

きちんと写真で見比べてわけではないですが、薄くなったとは言い難い。

調べたら、濃くなってしまう場合もあるみたい。

個人差や使い方にもよるので一概には言えませんが。

 

公式サイト:【ケノン

 

良いところ

価格が安い。

価格は7万円です。カートリッジが消耗品なので、後々買い足すことになりますが、それも数千円。

脱毛サロンに通おうと思ったら、数十万〜数百万必要。

【参考記事】>>>【男の脱毛】色んな脱毛クリニックの無料体験に行き比較した結果、最終的にケノンを買った話【ムダ毛の断捨離】

 

スキマ時間にできる

脱毛サロンに通う場合は、行ける日にち・時間を決めて予約して行く。これは結構めんどくさい。

その点ケノンなら、自宅で空いた時間に脱毛できる。

 

悪いところ

めんどくさい

正直、めんどくさいです。

あらかじめ毛を剃っておいて、コンセント挿して、電源つけて、いざ作業。

一度照射すると、5秒くらい待たないと次の照射ができないので、時間が掛かる。

しかも、照射する範囲が小さいので、全身しようと思うととんでもない時間が掛かる。

ゴリラ脱毛のような脱毛サロンなら、寝て待っているだけでいいので楽でいいなあと思う。

 

ちょっと痛い

これは我慢できる範囲ですが、ちょっと痛い。

輪ゴムでパチン!とされるくらいの痛み。

皮膚が薄そうな部位ほど痛い。膝とかは全く痛くないけど、ヒゲはまじで痛い。

 

カートリッジが汚れる

使っていると、カートリッジの照射部分が汚れてくる。

きちんと毛を剃らずに、少し残った状態で照射してしまっていることが原因と思われる。

たぶん、このせいで効果は薄れていっていると思う。

 

追記:軽く濡らして掃除したら綺麗になりました。

 

届かない

見えない部分、背中やお尻の脱毛は難しいです。

鏡を見てやるか、誰かにやってもらうか、見ずに感覚でやるか。

僕は見ずに感覚でやってます。お尻を脱毛する時はすごい格好になってますけどね。

 

まとめ

脱毛サロンで見積もりを取ったら80〜100万円と言われ、もうそれなら自分でやるぞと7万円でケノンを買いました。

自分で脱毛するのは手間が掛かりますが、スキマ時間にできるのはデカイ。

そのめんどくささを差し引いても、100万と7万では大きく違う。

 

正直なところ、ヒゲの脱毛は痛いので、ゴリラ脱毛などの最新の脱毛サロンに通いたい。

最近は痛くない方法もあるみたいだし、ヒゲだけなら安く済みそう。

 

ケノンと脱毛サロンを併用するのがいいかもしれない。

 

結論、脱毛効果はあるし、いい買い物でした。

 

公式サイト:【ケノン



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ