【DYLON】色落ちしたテックフリースジョガーを染め直してみた【NIKE】

ファッション
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

僕はナイキのテックフリースジョガーパンツを愛用してます。

最近、色落ちが目立ってきて悩んでました。

 

そこで、『DYLON(ダイロン)』という染料を使い自分で染め直してみることにしました。

その結果を過程を紹介します。

 

結果

まずは結果から。

そこそこ綺麗に染まった。

 

 

NIKE テックフリースジョガーパンツ

Nike.comで購入した、スウェットジョガーパンツ。

筋トレ民は御用達の、定番スウェットです。

 

私服でスポーツMIXスタイル、部屋着としても使ってます。

お気に入りなので2着持ってる。

 

【参考記事】>>>【NIKE】テックフリースジョガーパンツが最強のスウェット

【ナイキ(NIKE)公式ストア】ナイキ スポーツウェア テック フリース メンズジョガー 805163-010 ブラック

 

 

色落ちがひどい

黒の靴下と比べると、やっぱり色落ちが目立つ。

遠くからみると分からないけど、近くで見ると色の違いがハッキリする。

 

買った当初はもう少し黒かったけど、ヘビロテしてるので色が落ちてきた。

 

 

DYLON(ダイロン)

写真撮り忘れた。

 

DYLON(ダイロン)という染料。

イギリスの会社の製品で、たくさんの色がある。

 

今回買ったのは、『ダイロンマルチ エボニーブラック』。

1個でTシャツ1枚程度らしく、今回はスウェットなので2個購入。

カラーストップ剤は、染めた後に色落ちを防止する物。

 

以前、別のタイプの『ダイロン プレミアムダイ』で黒デニムを染めました。

今回の『ダイロンマルチ エボニーブラック』は、それよりも更に真っ黒になる製品です。

【参考記事】>>>【DYLON】ダイロンで、色落ちした黒デニムを染め直してみた【ジーンズ補修】

 

 

準備

準備した物がこれ。

 

・ダイロンとカラーストップ

・でかい容器

・手袋(汚れ防止)

・塩(混ぜて使う仕様)

・トング(混ぜるため、服が痛まないようなやつ)

 

これは僕の雑な方法なので、きちんとやりたい方は公式サイトを見てくださいね。

 

 

いざ、染め直し

ダイロンを容器に入れます。今回はスウェットなのでダイロンは2個。

 

お湯で溶かす。

 

よく混ぜる。

 

お湯を足して、服が浸かる量にします。

80℃になるように調整。僕はテキトーにしたので、多分それより低い温度だった。

 

塩を入れるので、量を測る。

ダイロン1袋につき30gらしいので、2倍の60g。

 

塩を投入し、よく混ぜる。

 

染める服を投入。

 

ムラにならないように、20分混ぜる。

 

さらに20分間放置。

 

すすぎを始めるので、染料を落とす。

真っ黒だー。

 

風呂場が地獄絵図。

 

何度すすいでも、全然色が落ちない。

 

10回くらい洗って、ようやく水の色が透明になってきた。

 

ここで、カラーストップを使う。

今後の色落ちを防止してくれるらしい。

 

透明な液体を入れる。

 

よく混ぜた後、15分間放置する。

 

15分間放置したら、よく洗う。

 

洗濯機ですすぎ・脱水。

 

陰干し。

結果が楽しみである。

 

 

ビフォーアフター

撮影したのが同条件では無いので、分かりにくいのはすいません。

 

綺麗に染まった。

特にリブの色落ちはかなり目立たなくなった。

 

僕はこのスウェットを2着持っているんですが、その比較がこちら。↓

こうしてみると、色の違いが分かりやすい。

 

 

 

まとめ

 

綺麗に染まったので満足。

 

染める過程も、そこまで面倒な作業ではないと思った。

お湯をたくさん使うので、火傷しないように注意。

 

素材にもよると思うけど、染めてしばらくはゴワゴワした感じが少しある。

あと、洗濯する時は色落ちの可能性があるとも書いてあった。

 

とはいえ、お気に入りのパンツが復活したので嬉しい。

 

以上です。

 



ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ