【ミニマリスト】テレビを捨てて1年経ったけど、もう買わないと思う【断捨離】

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも、最近までテレ・ビジョンをテレビ・ジョンだと思っていたミニマリストごぼうです。

 

テレビの必要性について、僕の意見を共有します。

 

使わないから、テレビを捨てた

 

今現在、一人暮らしの我が家にはテレビがありません。

 

現在のワンルームの部屋に引っ越す際に、友人に譲りました。喜んでました。

 

理由は、使っていなかったから。

 

もう三年ほど、まともにテレビを付けていませんでした。たまーに友達が遊びにきた時につけるくらい。

 

なので思い切ってあげちゃいました。

 

後悔は全く無く、むしろ快適な生活を送れてます。おかげでこの記事も書けますし。

 

 

 

好きなことをする時間の方が大切

 

テレビが無い、という話をするとよく「じゃあ家に帰ってなにしてるの?」と聞かれます。

 

僕はまず家に帰ってスピーカーの電源を入れます。

 

常に音楽流してます。

 

もともと音楽を聴くのは好きで、車の運転中は熱唱するタイプです(知らんわ)

 

ストリーミングサービスで知らない音楽を見つけるのも楽しいです。

 

 

 

iPadがテレビの代わりになった

 

テレビを観なくなったきっかけってなんだろうなーと考えたんですが、iPadの購入は割と影響してると感じました。

 

寝転んでYouTubeをみたり、ブログを読んだり。

 

漫画も読める。iPad一台で娯楽が詰まってました。

 

 

 

情報は自分で取りに行く時代

 

テレビは受動的なメディアです。

 

テレビの前に座って、チャンネル選択こそあれど、テレビ局が伝えたい情報を黙って見てる。

 

そこに自分が本当に必要な情報はどのくらいあるんだろう。

 

テレビが無いと、ドラマの話についていけなくなりそうですが、実はスマホでもドラマみれますよ!

 

 

 

当たり前を疑ってみる

 

テレビは物心付いた時から家にありました。

 

友達の家にもあった。あって当然だと思ってました。

 

今はスマホが普及してニュースもアプリで読めます。

 

若い人はあまりテレビを観なくなっていると聞きます。AbemaTVの活躍もあります。

 

あって当たり前だと思うものも、人によっては意外と必要ないかもしれないですね。

 

 

 

まとめ

 

・好きなことをする時間の方が大切

・iPadがテレビの代わりになった

・情報は自分で取りに行く時代

・当たり前を疑ってみる

 

これらの理由から、僕はテレビを捨て、今後もう買わないと感じてます。

 

見るメディアはYoutubeやAbemaTVなどのスマホで見れるものに移って、僕は完全にテレビを見ずに生活してます。

 

周りでもちらほらテレビを見ない人は増えてきているので、やはり今後テレビは衰退していくだろうなあと思います。

 

以上です。

 

【ミニマリスト】テレビを観るべきではない5つの理由【断捨離】
テレビを捨てたミニマリストの僕が、『テレビは観るべきではない』と感じている理由を紹介します。

 



ミニマリズム部屋・インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ