【ミニマリスト】テレビを観るべきではない5つの理由【断捨離】

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

僕は2年ほど前にテレビを捨て、それ以来持ってません。

 

そんな僕が考える、『テレビを見ない方が良い5つの理由』について。

 

スポンサーリンク

テレビを捨てた

 

僕はミニマリスト。

 

2年ほど前にテレビを処分し、それ以来、テレビの無い生活をしています。

 

【参考記事】>>>テレビを捨ててiPadで代用【ミニマリスト】

 

 

「テレビが無い」と話すと、「えっ!(バカじゃないの)」みたいな反応をよくされます。

 

しかし!

 

全く問題が無いうえ、なんならテレビが無い方が快適な生活を送っている。

 

その中で気が付いた、『テレビを観るべきではない』理由をお話します。

 

 

 

時間の浪費

 

テレビは、僕たちから平気で時間を奪っていきます。

 

なんとなく付けていた番組を、ずーっと観てしまう。

 

途中でCMを挟まれ、見たくもない情報を見せられる。

 

見たいと思った情報も、途中からしか見れない。

 

インターネットで、パパッと見た方が圧倒的に効率が良い。

 

 

その1時間があれば、ブログも書けるし読書もできる。

 

時給で考えれば、1000円くらいの機会損失です。

 

 

 

 

価値観が押し付けられる

 

これは意図せずに起こっている。

 

テレビは、一定の価値観を持って作られたメディアです。

 

テレビ局にもスポンサーがいて、スポンサーが不利になる情報は出さない。情報の偏りは必ずあります。

 

それが良いか悪いかは置いておいて、一方通行のメディアゆえ、無意識にその価値観に染まってしまう。

 

自分の軸を持って、情報を判断できないと流されてしまう。

 

 

 

購買意欲を掻き立ててくる

 

テレビは、消費活動を促進するメディア。

 

テレビ局もビジネスなのでこれはしょうがない。

 

あの手この手で商品やサービスを「欲しい」と思わせてくる。

 

だけど、自分にとって本当に必要かどうかは、自分で判断しなければならない。

 

 

 

知識が定着しにくい

 

テレビは、非常に『受動的』なメディア。

 

情報が次から次へと流れてくる。

 

欲しい情報は、『能動的』に自分で調べた方が定着する。

 

今はインターネットであらゆることが調べられるので、ありがたい時代です。

 

 

 

インプットよりもアウトプット

 

情報は、インプットするよりもアウトプットする方が大切。

 

ある研究では、効率の良い学習方法の割合を『インプット:アウトプット = 3:7』としています。

 

 

これはブログを書いてきた中でかなり実感しています。

 

ある情報についてツイッターで読んで理解したつもりでも、いざブログ記事にしようとすると書けない。

 

自分の頭にしっかり入っていないから、言語化できない。

 

アウトプットをすると、情報が自分の血肉になります。

 

 

 

 

まとめ

 

以上、僕が感じている『テレビを観るべきではない』理由でした。

 

・時間の浪費

・価値観が押し付けられる

・購買意欲を掻き立ててくる

・知識が定着しにくい

・インプットよりもアウトプット

 

これらの理由から、僕はテレビを観ません。

 

 

理論立てて書きましたが、「テレビよりも優先したいことがある」が正直な意見です。

 

テレビを観るより、ブログを書いたり筋トレをしている方が楽しい。

 

それだけです。