「めんどくさい」はビジネスチャンスだ。

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

「めんどくさい」という感情がイノベーション(革新)の源泉だという話。

 

めんどくさい

 

僕はめんどくさがりです。それもかなりの。

 

ご飯を食べるのがめんどくさくて、1日何も食べなかったこともあります。

 

掃除がめんどくさくて、賃貸の退去の時に大掃除をし、苦労しました。

 

旅行なんかもめんどくさいと感じてしまいます。行ってしまえば楽しいですけど。

 

 

めんどくさいから、ミニマリストになりました。

 

部屋が小さければ、掃除が少なくなる。

服が少なければ、洗濯が楽になる。

荷物が少なければ、準備があっという間。

 

 

楽をしたいから、ミニマリストになった。

 

これは、『めんどくさい』の1つの解決方法でした。

 

 

 

ビジネスチャンスになる

 

「めんどくさい」は、イノベーション(革新)の源泉です。

 

誰かの「めんどくさい」を解消すること、これがビジネスになります。

 

・道を作る工事現場の仕事

・料理を作る仕事

・銀行

 

どんな仕事でもそう。

 

自分でするのが「めんどくさい」から、お金を払ってでも誰かにやってもらいたい。

 

 

手紙を送るのを「めんどくさい」と感じた人が電話を発明し、電話を「めんどくさい」と感じた人がEメールを発明した。

 

「めんどくさい」と感じて、それを止めてしまうのでは無く、違う方法で「めんどくさくない」ようにすること、これがビジネスの種になります。

 

 

 

どんな事がめんどくさい?

 

「めんどくさい」ことを解決すると、それがビジネスになります。

 

体に合った服を探すのがめんどくさいから、zozoスーツができた。

 

メールがめんどくさいから、手軽なLINEが普及した。

 

今まで当たり前だと思っていたことも、実はめんどくさいことが多い。

 

 

僕が「めんどくさい」と感じていることを挙げてみます。

 

・スマホ・PCの充電

・車のガソリンの補給

・1人の食事

・散髪

・髭剃り

 

挙げ出したらきりが無い。

 

 

 

みなさんは、どんなことに「めんどくさい」と感じますか?

 

もしかすると、それがビジネスのヒントになるかもしれない。

 



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ