オンオフ兼用の鞄に【取っ手短めの本革トートバッグ】がおすすめな理由

ファッション
スポンサーリンク

 

どうも、ミニマリストごぼうです。

 

みなさん、バッグ何個持ってますか?

 

仕事用に休日用、はたまた旅行用…たくさん持っているかもしれません。

 

仕事用と休日用のバッグ、両立できたら持ち物が減ります。

 

ということで、バッグを買ったので紹介。

 

本革のトートバッグ

 

バッグを買いました。中古ですが。

 

トートバッグとブリーフケースの中間のような鞄で、取っ手が短めの本革製品です。

 

スーツの時も、私服の時も、このバッグで出掛けます。

 

 

このバッグを選んだ理由は、

 

・取っ手(持つとこ)は短め
・本革
・柔らかそうだけどしっかりしている
・落ち着いた色
・シンプルな装飾

 

です。以下で詳しくお話しします。

 

 

仕事用と普段用、2種類のバッグを持っていた

 

以前、仕事用のバッグはこんなのを使っていました。↓

 

本革のブリーフケースでした。自立し書類もたくさん入るためビジネスシーンでは違和感なく使用できました。

かっちりした印象。

 

 

 

プライベートのバッグはこんなやつ。↓

 

本革のトートバッグ。取っ手が長くカジュアルな印象です。

 

片方使えばもう一方は自宅に置いてあるので、どちらかしか使っていないわけです。

 

やはりバッグは2つもいらないなーと思い、仕事とプライベート兼用できるバッグ探しの始まりです。

 

 

 

取っ手(持つとこ)は短めがベスト

 

バッグの持ち手は、短いほどフォーマルに、長いほどカジュアルになります。

 

取っ手が長いバッグをスーツに合わせる→無理がある

 

取っ手が短いものを普段着に合わせる→いける

 

 

 

素材は本革がおすすめ

 

普段スーツを着る時に茶系の革靴ばかり履くため、合わせる意味で本革を選びました。

 

これは完全な僕の好みです。ただ、後述する理由(形、色)につながる部分もあります。

 

 

 

柔らかそうだけどしっかりした形

 

かばんの形状は、硬そうな方がフォーマルに、柔らかい方がカジュアルに見えます。

 

この中間をとることで兼用できる鞄になります。

 

 

 

落ち着いた色を選ぶ

 

これは言わずもがなです。

 

赤いバッグはスーツに合いません。

 

 

 

シンプルな装飾のもの

 

装飾が多いほど、カジュアルな要素が強まります。

 

できるだけシンプルなバッグを選ぶと、オンオフどちらでも使用できます。

 

 

 

まとめ

 

今回僕がおすすめする、オンオフ兼用の鞄の選び方は、

 

・取っ手(持つとこ)は短め

・素材は本革

・柔らかそうだけどしっかりしている

・落ち着いた色

・シンプルな装飾

 

です。

 

つまり、フォーマルとカジュアルの中間のかばんです。

 

こんなやつですね。↓

 

以上です。

 



ファッション持ち物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ