【将来の夢】どこにでも ”手ぶら” で行ける世界を作りたい

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

僕の、ミニマリストとしての ”夢” について話したいと思います。

 

スポンサーリンク

どこにでも ”手ぶら” で行ける世界

 

『どこにでも ”手ぶら” で行ける世界』を作りたい。

 

これが僕の、ミニマリストとしての、今の夢です。

 

漠然としすぎてますが、具体的には、『みんなが持ち物を持たず、身1つで住環境を変化できたり、旅に出られる状況・そんな働き方ができる社会』を作りたい。

 

内容を細分化して、そう感じた理由もお話しします。

 

 

 

僕は極度のめんどくさがり

 

僕は、かなりの『めんどくさがり』です。

 

大学生の時には、2日家から出ず何も食べない時もありました。

 

軽い鬱っぽい感じでしたが、全てがめんどくさいと思ってた。

 

 

風呂に入るのもめんどくさいし、掃除は苦手。

 

夏休みの宿題は最終日に全部するタイプの人間です。

 

 

めんどくさがりなので、家事を自動化できる家電や、便利なガジェットが大好き。

 

 

 

疲れやすい

 

僕は、体力が無い。

 

明らかに、人より疲れやすいと感じる事が多々ある。

 

楽しい事は疲れにくいけど、それでも「あいつはめっちゃ元気だな」と他人と比べてしまうことが多い。

 

 

旅行も大好きだけど、帰ってくると寝込むダメ人間。

 

疲れないように、荷物はコンパクトにするようにしてる。

 

 

 

すぐ忘れ物・失くし物をする

 

よく忘れ物をするし、物をなくす。

 

財布も人生で4回くらい失くしてる。もうやだ。

 

『そもそも、持ってなければ失くさない』という、なんだか哲学的な答えに行き着き、ミニマリストになった。

 

キャッシュレス社会が早く進んで欲しいと思う。現金は落とすから。

 

自分で管理するより、専門の人に任せた方が良いと思ったので、ダンベルを捨てジムに通い、ブログを書くのも近くのカフェ。

 

 

 

1つの場所にいると、飽きる

 

僕は飽き性。重度の。

 

好きな音楽やご飯、興味がコロコロ変わる。

 

土地も一緒で、2年くらい住むと飽きる。

 

馴染みが出て来て居心地はいいけど、どこか刺激を求めてしまう。

 

 

 

同じ仕事を極めるよりも、いろんな仕事をしてみたい

 

飽き性なので、いろいろな仕事に興味がある。

 

1つを100点にするより、2つを70点にする方が効率が良いし、相乗効果で良いパフォーマンスも出る。

 

最近は転職も一般的になってきたけど、まだまだ『我慢する美学』みたいな風潮がある気がする。

 

リモートワークやフリーランスなど、色々な働き方があることを発信していきたい。

 

 

 

できるだけ身軽になりたい

 

機動力を高めて、興味があることにすぐ飛びつけるようにしたい。

 

家が無ければすぐ引越せるし、持ち物が少なければすぐ旅行に行ける。

 

効率の良い働き方で時間の余裕があれば、やってみたい仕事に打ち込める。

 

みんなが、そんな風にスムーズに動ける社会を夢見てる。

 

 

 

 

まとめ

 

『どこにでも手ぶらで行ける世界』。

 

みんなが望んでるとは思わないけど、僕の夢です。

 

 

僕1人では決して出来ることではないし、僕が生きている間には無理だと思う。

 

けど、シェアリングサービスや『ミニマリスト』の普及で、少しずつ近づいていると感じていて、嬉しい。

 

 

僕が出来ることは、このブログを書き続けて、色んな人に『身軽であることの気持ち良さ』を伝えていくことです。

 

これからもゆるりと頑張ります。