タバコ、やめました。【ミニマリスト流 禁煙術】

ガジェット

 

どうも、ミニマリストごぼうです。

 

今回は、僕が禁煙できた方法を紹介します。

 

タバコ辞めました

 

僕は7年以上たばこを吸っていました。

 

しかし、この度晴れて禁煙に成功しました。

 

今回、禁煙に至った理由と方法を紹介します。

 

 

 

電子タバコに変えたら禁煙できた

 

結論から言います。紙タバコ→電子タバコで禁煙できました。

 

禁煙のきっかけになった電子タバコはこれ。

 

JTが販売するploom tech(プルームテック)。

 

 

 

禁煙する気は無かった

 

結果的に禁煙に至った、といった方が正しいかもしれません。

 

というのも、実は禁煙する気は無かったんです。

 

以前までは、このタバコを吸っていました。マルボロ。1箱470円。

 

この紙タバコとライターを常に持っていました。

 

毎日10本くらい、飲み会などで多い日は一箱以上の消費。

 

お金の無駄だなーと思うことは多少ありましたが、禁煙しようと思ったことはありませんでした。

 

タバコミュニケーションもあるしいいじゃん、くらいの意識です。

 

 

 

少し前から、電子タバコが普及し始めました。煙がほぼ出なくて、匂いも少ない。

 

家の中でも吸えるし、飲み会の席で他人に迷惑掛けないしいいな、と。

 

そんな軽い気持ちで購入してみたのがJTのプルームテックでした。

 

紙タバコほど吸いごたえは無いですが、問題なく移行できました。

 

これが紙タバコからの卒業。

 

 

 

 

禁煙できた理由

 

電子タバコ【ploom tech】に変えるだけで禁煙に至ったわけですが、

 

そこまでの心境の変化や使用感をお伝えしたい。

 

禁煙できた理由、大きく2つ。

 

 

 

充電がめんどくさい

 

紙タバコはライターで火を付けて吸います。

 

電子タバコは熱で温めるタバコなので、バッテリー内蔵、充電が必要です。

 

上の写真はプルームテックを充電している写真。

 

モバイルバッテリーを使い、こんな感じで充電していました。

 

ミニマルなモバイルバッテリー【Anker PowerCore Fusion 5000】
ACアダプタとしても使える2in1のモバイルバッテリーの紹介です。半年使用した感想と使用方法を紹介します!ミニマリストのモバイルバッテリーはこれで決まり!

 

これが、ほんとにめんどくさい。

 

充電は1日持たないし、充電中は吸えない。

 

プルームテックに罪はありません。

 

僕が群を抜いたメンドクサガリなだけです。

 

これが禁煙に至った理由1点目。

 

 

 

持ち物が増えるのがイヤ

 

これが2点目。

 

たばこを吸いたければ、たばこを持っていないといけない。

 

なんだか哲学的。当たり前のことですが。

 

必然的に荷物が増えます。

 

電子タバコ本体に加えて予備のタバコ、充電が切れた時のためのモバイルバッテリー。

 

僕はミニマリストなので、持ち物はできるだけ少なくしたい。

 

管理するモノが多いことはストレスなんです。

 

じゃあ、吸うのやめるか。

 

そうなりました。

 

紙タバコに戻そうとしましたが、ニオイと煙がキツくて戻れず。

 

結果的に、禁煙成功。

 

 

 

 

最後に

 

結果的に禁煙できたパターンですが、

 

もし禁煙したい人がいたら電子たばこ買ってみてください。試しに。

 

 

ちなみに、禁煙後一週間はガム食べまくってました。

 

以上、ミニマリスト的禁煙術でした。