【行政のミニマル化】茨城県が100%ペーパーレス化を実現!【ミニマリストの感想】

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

僕はミニマリストなので、物が少ない方が好きです。

 

紙の本よりも、kindle本が好き。

 

 

紙の書類よりも、データ化したものをPCやタブレットで確認する方が快適だと感じます。

 

自宅でもペーパーレス化に取り組んでいて、ネットバンクなどを利用することで通帳の断捨離を進めています。

 

 

『茨城県が100%ペーパーレス化を実現』という、面白いニュースが流れてきたので紹介。

 

なんと予算ゼロ?茨城県が4か月で“決裁の電子化”ほぼ100%を達成した秘訣 - FNN.jpプライムオンライン
FNN.jp編集部 以前は全体の9割を紙で決済 マイクロソフトやドワンゴ出身の知事が指示 「大きなメリットが出てくるのは来年度以降」 様々なビジネスやサービスの「電子化」が進んでいるが、このたび茨城県

 

僕の意見を書きます。

 

スポンサーリンク

茨城県が100%ペーパーレス化

出典:茨城県HP

 

茨城県庁が、たった4年間で『電子決裁率を13.3%→99.1%に押し上げた』。

 

民間のIT企業でも出来ていない所があるのに、なんと官公庁がペーパーレスを実現。

 

しかも掛かった予算はゼロで、従来から存在した電子決済方法を促進しただけ。

 

 

これはIT企業出身の茨城県知事の功績が大きく、トップダウンで取り組んだ成果だそう。

 

茨城県知事の大井川和彦氏(54)は、マイクロソフトやドワンゴなど、IT企業の重役を歴任した人材。

 

 

 

電子化のメリット

1 文書の検索効率の向上

過去の文書ファイルの検索・再利用が容易になり,書庫の紙文書を捜索する必要がない。

 

2 行政文書の改ざん防止

文書保管後の書き換えができないため,文書改ざんを防止できる。

 

3 ペーパーレス化

紙を印刷したり,書類を整理する手間や,庁内で決裁書類を持ち回る負担から解放される。

 

4 省スペース化

紙の書類が減ることで,書棚などのスペースの削減,引越業務の簡素化ができる。

 

5 テレワークの促進

出張先など,いつでもどこでも決裁を行うことができる。

 

茨城県HPより引用

 

同時に色んな人が見れる、という点も大きいと思う。

 

また、官公庁の庁舎・法人のオフィスを引っ越す際にも、一瞬で書類を動かせる。

 

書類が劣化することも無いし、廃棄の際にゴミにならないのも良い点ですね。

 

 

個人的には、テレワークの促進が良いと思う。

 

これは官公庁だけでなく企業にも当てはまることで、もっと電子化が進み、セキュリティ面が強化されれば、どんな遠隔地にいても仕事ができる。

 

旅しながら、今の仕事ができるかもしれない。

 

 

 

電子化のデメリット

 

僕が感じている、電子化のデメリットは以下の通り。

 

・印鑑の文化

日本には、まだ印鑑の文化が根強く残っていて、取引先との兼ね合いが難しそう。

 

・画面の大きさによっては、見づらい

PCやタブレットであれば問題ないが、スマホで書類を確認するのは難しそう。

 

・セキュリティ面

ハッキングのリスクは、どうしても伴う。

 

・メモができない

書類にメモが出来ない。これはスマホやタブレットのアプリで解決できそう。

 

 

 

企業も官公庁も、ペーパーレス化を促進すべき

 

ソフトバンクでは、2012年にペーパーレス化を実現している。

 

孫正義さんの鶴の一声で、紙を禁止にし、数億円のコスト削減を実現。

 

その実績をもとに、関係各社にも電子化を求めた。すごすぎ。

 

 

ソフトバンクという大企業だから可能、といえばそれで終わりですが、学べる点は多い。

 

実際にコスト削減になっているし、『電子化が当たり前』にすればいいだけ。

 

 

官公庁だって、予算が無いと嘆く前に電子化を推進すべきと感じる。

 

 

 

最後に

 

ペーパーレス化。

 

iPadなどのタブレット端末の普及で、一気に可能性が広がった。

 

環境問題やコストの面でも、導入が進んで欲しい。

 

 

個人的には、仕事における様々な書類が電子化され、リモートで働ける時代がきて欲しい。

 

ミニマリストとして、身軽に移動しながら仕事ができる環境を作りたいです。

 

以上です。