【ミニマリスト】僕がソファを捨てた4つの理由【断捨離】

ミニマリズム

 

どうも。ミニマリストのテツ  @tetsu_minimalです。

 

今回は、ミニマリストである僕が『ソファを断捨離した理由』を紹介します。

 

スポンサーリンク

ソファを断捨離した

 

これは、僕が以前に持っていたソファです。

 

1LDK の広い部屋に、L字の大きなソファを置いてました。本革製で、たしか値段は10万円くらい。

 

しかし、今のワンルームに引っ越すにあたって、断捨離しました。

 

その理由をお話しします。

 

 

 

すぐ飽きた

 

買って半年も経つと、飽きてしまった。

 

僕はかなりの飽き性で、興味の対象がコロコロ変わる。

 

このソファに限らず、インテリア系はすぐ飽きる。

 

買うまでに色々と選んでいる時は、本当に楽しい。そして買って届いた瞬間が楽しさのピークで、それ以降は愛着が落ちて行くばかり。

 

すぐ飽きるなら、自分で所有せずに、旅行に行って宿泊先のインテリアを楽しんだ方がいいと思った。

 

 

 

管理の手間がある

 

僕は掃除が苦手。放っておくとすぐ部屋が汚れます。

 

家具など大きな物は、それだけ管理のコストも大きい。

 

掃除の邪魔になるし、本革製品なら定期的にメンテナンスも必要。

 

模様替えは楽しいけど、それだけで時間がかなり奪われる。

 

いざ処分しようと思っても、大きい物は捨てにくい。さらに中古価値もほとんど無く、実際に買取査定に出しても0円だった。

 

 

 

ダラダラ過ごしてしまう

 

家に帰りソファに座ると、長時間そこでダラダラしてしまう。

 

僕は意思が弱いので、ブログを書こうと思ってもすぐYouTubeを見たりしてしまう。

 

強制的に自分の生産性を上げるために、ソファは不要だと感じた。

 

 

 

家に人を呼ばない

 

たしかに、ソファがあれば誰かを家に招いた時には便利。

 

でも、そんなのは頻繁ではない。

 

僕は誰かを家に招いた時は、床やベッドに座ってもらっている。

 

基本的に仲の良い人しか家に招かないので、床やベッドに座ってもらっても問題ない。

 

 

 

 

まとめ

 

1.すぐ飽きた

2.管理のコスト

3.生産性の向上

4.客人が来ない

 

これらの理由から、僕はソファを断捨離しました。

 

 

 

ソファが無ければ単純に部屋が広くなるし、ほとんど家にいないのにお金を掛けるのはもったいない。

 

浮いたお金や時間で、楽しい事に打ち込んだり、新しい事に挑戦したりしたい。

 

以上です。