飲み会よりもランチの方が生産性が高い3つの理由

ミニマリズム
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

僕は人に会う時、飲み会よりもランチが好きです。

 

それは、ランチの方が『生産性が高く、楽しい』から。

 

その理由をお話します。

ランチと飲み会の違い

 

ランチと飲み会の違いは、大きく3つあります。

 

・お酒を飲まないので、冷静に建設的な話ができる

・人数が少ないため、みんなが主役になれる

・終わる時間が明確なので、ダラダラしない

 

これらの理由から、ランチは飲み会よりも生産性が高いです。

 

詳しく解説していきます。

 

 

お酒を飲まないので、冷静に建設的な話ができる

 

ランチであれば、お酒を飲むことは少ないでしょう。

 

お酒はすぐに打ち解けられるメリットもありますが、それは刹那的な物です。

 

僕は人と話す時に『深く聞く・深く話す』ことを大切にしていて、会話が深まっていくのが好きです。

 

お酒を飲まずに思考力を保ったまま、お互いで考えを深めたり、アイデアを出し合ったりする時間が楽しいと感じます。

 

飲み会でのふざけた会話も楽しいですが、僕はそこまで騒ぐタイプでもない。

 

 

人数が少ないため、みんなが主役になれる

 

飲み会であれば人数に際限は無いですが、ランチなら最大でも5人程度でしょう。

 

大人数の飲み会では、人気者や声量の大きい人が会話の中心になることが多い。

 

その点、少人数のランチであれば、皆が主役になれる。

 

普段は大人しい人でも、素晴らしいアイデアや経験談を話してくれることがあります。

 

そういった時に僕は楽しいと感じるし、僕自身無口なので少人数の方が発言しやすい。

 

 

終わる時間が明確なので、ダラダラしない

 

これが最大のメリットで、ランチには時間の制限があります。

 

『ランチに行こう』となって、夜まで店にいることはまず無いと思います。

 

飲み会と違って、『終わる時間』が明確なので、ダラダラと過ごさずに済みます。

 

打ち合わせであれば効率が良くなり、デートであれば「物足りない、また会いたい」と思わせることができます。

 

何事も長ければ良い、というものではありません。

 

 

まとめ

 

・お酒を飲まないので、冷静に建設的な話ができる

・人数が少ないため、みんなが主役になれる

・終わる時間が明確なので、ダラダラしない

 

これらの理由から、ランチは飲み会よりも生産性が高いです。

 

飲み会よりも予算的に安いこともメリットですね。

 

みなさんは、ランチと飲み会どちらが好きですか?

 



ミニマリズム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ