【iPhone】iOS 12『計測アプリ』の使い方【定規・メジャーの断捨離】

ガジェット
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

今回は、iPhone の iOS12で実装された、『計測アプリ』について。

 

計測アプリ

 

iOS12で突如出現した、『計測アプリ』。

 

スマホのカメラを使って、物の長さや面積を測れるアプリです。

 

ポケモンGOなどに使われるAR技術が使われています。

 

 

 

使い方

 

Macbookの大きさを測ります。

 

実際の大きさは、28cm×19.7cmでした。

 

 

 

 

Macbookの角に合わせて、➕ボタンを押す。

 

 

 

さらに違う角に合わせ、もう一度押す。

 

 

 

奥行きも同様に行うと、縦と横の長さがわかります。

 

だいぶズレてますね。難しい。実際の大きさともズレがある。

 

長押しすると、面積も表示されます。

 

 

 

四角い物は一瞬で計測可能

 

先ほどはそれぞれの角をタップして計測しましたが、四角の物であれば、一瞬で計測可能。

 

全体が写るようにスマホを持つと、自動で認識してくれます。

 

 

 

認識した状態で➕をタップすると、一瞬で計測。

 

だいぶサイズのズレがありますけどね。

 

 

 

水平器もある

 

計測アプリには、水平器のアプリも付いてます。

 

 

 

スマホを置いて、傾きが無くなると緑色になる。

 

 

 

 

定規・メジャーが不要な時代が来る?

 

正直、このアプリでは正確な計測は不可能。

 

おおよその長さが知りたい時には使える。

 

今後性能が向上していくと思うし、家具のECなんかと組み合わせたビジネスがあれば面白そう。

 

 

定規・メジャーが断捨離できる時代はまだ遠そう。

 

レーザー距離計をスマホに組み込む、なんて無茶な想像をしてみたりした。

 

 

 

 



ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ