我が家のダブルベッド、無印良品の『収納ベッド』を紹介しようと思う

部屋・インテリア
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

我が家のベッドを紹介する。

 

無印良品 収納ベッド

 

これが我が家のベッド。

 

無印良品の『収納ベッド』である。

 

マットレスも無印良品で、ポケットコイルの良いやつを買った。

 

全部で、10万円を超える。

 

サイズはダブル。1人暮らしなのに。

 

前の広い家に住んでいた時に買ったため、無駄にデカイ。

 

 

 

睡眠の質が上がる

 

いいベッドは睡眠の質が上がる。

 

別に詳しくないけど、3年使ってみて思った。

 

以前は無印の脚付マットレス(こんなやつ↓)のシングルサイズを使ってました。

出典:無印良品

 

当然ですが、シングルよりもダブルの方がストレスが少ない。

 

素材であるコイル(中に入っているバネ)も、高いものは良い。

 

 

少なくとも人生の4分の1は寝ているわけで、睡眠の質が悪いと、残りの4分の3に悪影響が出てくる。

 

睡眠の質を上げることは、人生において効果的な投資だと思ってます。

 

 

 

 

収納が多い

 

収納ベッドの名の通り、このベッドには『収納』が多い。

 

大きな引き出しが2つ付いていて、たくさん収納できる。

 

中にはApple製品の箱や脱毛器など、こまごまとした物を入れてる。

 

汚くて見せられないので、サイズのイメージはこんな感じ。↓

出典:無印良品

 

 

 

ベッドボードにも収納

 

別売りのベッドボード。

 

パカッと開けられて、これ自体も収納になっている。↓

 

現行のモデルでは収納が無くなって、よりシンプルなデザインに進化してる。↓

出典:無印良品

 

 

 

マットレスの下にデカい収納スペース

 

マットレスをどかした土台の部分に、一番大きな収納がある。

 

土台はスノコになってて、通気性も良い。

 

 

 

スノコが開けられて、大きな収納が出てくる。

 

 

 

 

圧縮した羽毛布団、冬用の毛布、スノーボード用のブーツとウェアを収納してる。

 

ちなみに、床はむき出しになる設計。

 

 

 

最後に

 

長々と紹介しましたが、正直なところ、このベッドにもう飽きてる。

 

買った当初は、そこまでミニマリストでは無かったので、「たくさん収納できて良いじゃん」とか思ってた。

 

 

基本的に、収納は不要です。

 

収納があると、無駄にモノを入れてしまう。

 

収納して物が見えなくなると、減らす意識が無くなってしまう。

 

 

収納は、部屋に備え付けの物だけで良い。

 

 

現場からは以上です。

 



部屋・インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ