【レビュー】スーツ用に、リーガルの茶色の革靴を買った話【REGAL】

ファッション
スポンサーリンク


どうも。ミニマリストごぼうです。

 

僕は仕事で毎日スーツを着ます。

 

リーガルの革靴を、仕事用に購入しました。

お気に入りなので紹介します。

 

REGAL ストレートチップ ハイヒール仕様

これが今回購入した革靴。

実は同じ物を持っていて、古くなったのでリピート買いです。

 

シンプルなデザインと、身長が盛れるヒールがお気に入り。

内羽根ストレートチップの、最もフォーマルなタイプです。

 

ストレートチップ(ハイヒール仕様)

 

 

リーガルはサイズが大きいので、小さいサイズを買うのがオススメ。

僕はスニーカーで25.5くらいですが、リーガルは24.5です。

 

公式サイトなら交換・返品の送料が無料なので、サイズを間違えても大丈夫です。

リーガル公式通販サイト

 

 

3年の劣化具合

3年くらい前に購入した同じ靴との比較。

かなり酷使したので、劣化が激しい。

 

同じ靴を買ったけど、微妙に形が違う。

たぶんバージョンアップしている。

 

ソール交換はせずに、自分で修理できるキットで補修して使ってました。

 

 

シンプルなデザイン

ステッチレスの縫い返しキャップデザインで、無駄を省いたシンプルなデザインです。

内羽根ストレートチップの、フォーマルな靴。

 

ステッチ(縫い目)があるほど、靴はカジュアルになります。

靴はあくまでファッションの一部だし、仕事で使う物なのでフォーマルな方がいい。

 

逆に、私服で履くドクターマーチンはステッチが目立つので、カジュアルさを含んでる。

【Dr.Martens】万能なシューズを探しているなら、ドクターマーチン1択です【3ホール】
メンズシューズで圧倒的におすすめなのがこれ。ドクターマーチンと黒スキニーでなんとかなる。身長も盛れて、雨にも強い。

 

 

本革シャドウ仕上げで高級感MAX

牛革による本革製で、『シャドウ仕上げ』という陰影が特徴。

 

縫い目部分・革の切り替え部分・つま先の色が濃くなっていて、レトロな高級感がある。

ベタ塗りの革靴よりも、風合いが出るのが好き。

 

 

ハイヒール仕様で身長が盛れる

この靴は『ハイヒール仕様』で、約35mmのヒールになっています。

 

スタイリッシュなシルエットを強調できるので、脚長効果抜群。

 

 

めっちゃ軽い

初めて履いた時に衝撃だったのが、『めっちゃ軽い』こと。

今まで履いていた安物の革靴とは比べものにならなかった。

 

セミマッケイ式製法という製法の特徴らしく、これは甲革と中底と表底を一緒に通し縫いするという、比較的簡単なつくりによって軽さを実現しているみたい。

 

毎日履くものは、できるだけストレスが無い方がいいもんね。

 

 

ネイビーのスーツに合う

僕のネイビースーツと合わせるとこんな感じ。

ネイビーと茶色は相性が良くて、僕の好きな組み合わせ。

 

僕は、スーツはネイビー・革靴は茶色と決めています。

【参考記事】>>>【断捨離】スーツの色を統一すると、物が減る

 

 

REGAL愛が止まらない

リーガルの兄弟ブランド『ケンフォード』など、他の革靴も色々試したけど結局リーガルが好き。

 

本革の革靴は、2〜3万円くらいの物がコスパが良いと感じてる。

それより安いとチープな製品が多いし、あまりに高価でも僕には違いが分からない。

 

その価格帯で、安心して買えるのがリーガルでした。

 

スーツを着る限り、今後もお世話になります。

 

リーガル公式通販サイト

 

ストレートチップ(ハイヒール仕様)

 

 

リーガルのおすすめポイントをまとめました。↓

【メンズ】革靴で迷ったら、とりあえずリーガルを買えば間違いない理由【REGAL】

 



ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ