【断捨離日記 #3】薄手の布団を処分!

断捨離日記
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

断捨離日記3回目、布団を処分します。

 

薄い布団

 

あまり使っていなかった、タオル地の薄い布団。

 

今回はこいつとオサラバします。

 

はるか昔に実家から貰ってきた布団で、なんとなく置いてあった。

 

特に気に入っているわけではない。

 

用途が中途半端だと感じたので処分することに。

 

 

 

我が家にある布団

 

まず、我が家にある布団を全て紹介。

 

羽毛布団

 

一番使っている期間が長い、羽毛布団。

 

やはり暖かい。夏は暑いので使わない。

 

真冬はこれと毛布で乗り切る。

 

夏以外は使うので必須。

 

 

 

敷き毛布・掛け毛布

 

冬用に毛布(敷き・掛け両方)があります。

 

今は圧縮して収納してあるので写真はナシ。

 

これらが無いと真冬は厳しいので必須。

 

 

 

タオルケット

 

タオル生地のタオルケット。サイズは布団サイズ。

 

7〜9月の暑い時期用。

 

布団がいらないほど暑いけど、お腹が冷えないようにお腹に掛ける。

 

なにか被さっている方が安心して眠れる、というのもある。

 

 

 

薄手の布団

 

今回処分する布団。

 

羽毛よりも薄く、タオル地の布団。春〜夏くらいに使える。

 

羽毛布団では暑い、けどタオルケットでは寒い、そんな時に使う。

 

用途が中途半端なので、今回処分することに。

 

 

 

毛布・羽毛布団・タオルケットで一年間回せる

 

夏:タオルケット

秋〜冬:羽毛布団

真冬:羽毛布団+毛布

春:羽毛布団

 

こんな感じで回せることが分かったので、中途半端は位置付けになる薄い布団は処分します。

 

家に誰かを泊めることもめったに無いので、自分が使う分だけあれば大丈夫かな、と思います。

 



断捨離日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ