【Hanes BEEFY-T 長袖】ヘインズのビーフィーTを買った【乾燥機での縮み実験】

ファッション
スポンサーリンク

 

どうも。ミニマリストごぼうです。

 

今回は、新たに洋服を買ったのでレビューします。

 

Hanes BEEFY-T 長袖

 

Hanes(ヘインズ)の、BEEFY-T(ビーフィーT)。

 

1975年に誕生したBEEFY-T。

 

 

『BEEFY』とは、たくましい、がっしりした、とかそんな意味を持つ。

 

BEEFY-Tはその名の通り、丈夫で洗えば洗うほど肌に馴染む独自の風合いが特長のTシャツ。

 

 

白Tシャツといえばこれ、みたいな評判をよくネットで見る。

 

肉厚な素材で、へたれないのが人気の理由みたい。

 

 

楽天市場で2000円くらい。

 

オーバーサイズで着たいのと、乾燥させると縮むと思ったのでLサイズで購入。

 

 

 

BEEFY-Tの半袖も購入したけど、このロンTは、それよりも少しベージュっぽい白色。

 

【Hanes BEEFY-T 半袖】ヘインズのビーフィーTシャツを買った【乾燥機での縮み実験】
HanesのBEEFY-T 半袖 を買ったのでレビュー。乾燥機で縮めてみた。

 

 

 

長袖で、リブ付き

 

今回購入したのは長袖。秋〜に着ようと思う。

 

袖口はリブがあり、しっかりした印象。

 

 

 

タグが無い

 

普通は首元にあるタグが無い。

 

かゆくならないので、助かる。

 

首元に洗濯の仕方などがプリントされている。

 

 

 

脇の縫い目が無い

 

タグが横腹の位置にない理由。

 

脇から横腹にかけて、縫い目が無い。

 

これは左右とも無くて、そういう製法があるらしい。

 

 

 

 

着てみた

 

前からはこんな感じ。

 

176cm、60kg の痩せ型です。たぶんS〜Mサイズがジャストフィット。

 

Lなので、少し大きいかなーという印象。

 

正直、そこまで肉厚な生地とは感じなかった。

 

下にユニクロのエアリズム(↓これ)を着てるけど、ちょっと透けてる。

 

 

 

後ろ

 

後ろはこんな感じ。

 

これくらいの着丈でも、トレンド的にはいいかなーとも思う。

 

ただ、少しアーム部分が太く、袖が余っているのが気になる。

 

 

 

肩の落ち方

 

肩のラインはこんな感じ。ちなみに、僕は肩幅が狭い。

 

ビッグシルエットで作られている商品では無いので、XLサイズでも、いうほどオフショルダーにはならない。

 

 

 

洗濯し、乾燥機にかけてみた

 

一度洗濯し、乾燥機にかけたのがこれ。

 

全体的に縮んだ気がする。特に着丈が短くなった。

 

あと、縮んだからか少し生地が厚くなった感触。

 

 

 

 

微妙な差ですが、少し着丈が短くなってる。

 

アーム部分の”もたつき”が解消され、少しスッキリした。

 

 

 

後ろ

 

ポーズを統一しないと分かりづらい。反省。

 

お尻が完全に隠れていたのが、少し見えるようになった。

 

腕のブカブカ感が解消されてる。

 

 

 

肩の落ち方

 

少し縮んで、上にあがったかな、という感じ。

 

着丈や袖に比べると、大きな変化は無い。

 

 

 

アウターを重ねてみた

 

アウターを着るとこんな感じ。

 

白Tの裾が見えているので、オシャレに見える。

 

そでも十分な長さがあるので、出しても着れるし、リブ付きなので隠そうと思えば隠せる。

 

 

 

まとめ

 

おおむね満足で、これからかなり着ると思う。

 

洗濯し乾燥機にかけても、首元は全くヨレなかったし、頑丈なのは本当だと思う。

 

 

個人的にはもう少し生地が厚くても良い。

 

胸ポケットがあれば更に良かった。

 

あと、サイドにスリットがあれば、今っぽくて使いやすいかな。こんなやつ。↓

 

 

以上、ミニマリストのファッションでした。

 

ではでは。

 



ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごぼうをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストのブログ